ワセリン活用ガイド 副作用がないからアトピー肌・赤ちゃんも安心

ワセリンについて

ワセリン

 

ワセリンを効果的に活用することで、しっかり保湿することができ乾燥肌を防ぐことができます。
ワセリンについての基本的なこと、ワセリンとは何か、その原料は何か、効能・副作用・塗り方について解説します。
ワセリンはアトピーの方や赤ちゃんも安心して使うことができます。

 

ワセリンとは
ワセリンの原料
ワセリンの効能
ワセリンの副作用
ワセリンの塗り方

 

ワセリン活用法

サンホワイト

シーン別ワセリンの活用法について解説します。
ワセリンの活用範囲は非常に広いです。
活用法をマスターしてどんどんワセリンを使いこなしましょう!

 

乾燥肌全般に
アトピーに
赤ちゃんに
リップクリームとして
ハンドクリームとして
デリケートゾーンに
香水の持続に

 

 

ワセリン美容法

 

美容にもワセリンを取り入れて、美しくなりましょう。
効果が大きい上に副作用がなく安価なところが嬉しいです。

 

ワセリン美容法
朝のスキンケアに
化粧の下地に
ヘアワックスとして

 

ワセリンの種類

ワセリンには大きく分けて白色ワセリン、プロペト、サンホワイト、ヴァセリンの4種類が
あります。
それぞれのワセリンの特徴について説明します。

 

ワセリンの種類:白色ワセリン、プロペト、サンホワイト、ヴァセリン

 

「白色ワセリン」→「プロペト」→「サンホワイト」の順に品質(純度)が上がります。
 同様に「白色ワセリン」→「プロペト」→「サンホワイト」の順に軟らかくなります。
「ヴァセリン」はアメリカ製の白色ワセリンのことです。

 

ワセリンの購入について

それぞれのワセリンの購入方法について解説しています。
また、ワセリンの薬価や価格について説明しています。

 

ワセリンの購入方法
ワセリンの薬価/価格

 

保湿成分の種類

スキンケアの要である保湿成分について解説しています。セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ヘパリン類似物質などが有名です。

 

ラメラ構造をつくるもの(セラミドなど)
水分含有力があるもの(ヒアルロン酸、コラーゲン、ヘパリンなど)
吸湿性のあるもの(天然保湿因子、PGなど)
油分(鉱物油、植物油、動物油など)

 

美容情報